融資限度額と収入合算とは?

フラット35・財形住宅融資・民間住宅ローンの融資限度額は?

住宅ローンの融資を受ける際、融資限度額というのは、
借主の収入による返済負担率によって決定されます。

 

これについて、フラット35や財形住宅融資は、
毎月返済額の4倍以上の月収(返済負担率は25%)と決められていますが、

 

民間住宅ローンでは、
年収に対する年間返済額の返済負担率(年収区分による25〜35%等)
により融資可能額が決定されます。

収入合算制度とは?

収入合算制度というのは、一定の条件に該当した場合に
同居する人の収入を合算できる制度ですが、

 

これによれば、より多く融資を受けることが可能になります。

 

フラット35では、一定の条件に該当すれば、
利用者(借主)の月収と同額まで収入合算が可能です。

 

また、民間金融機関では、
金融機関独自で収入合算を認めている場合もあります。

 

この場合には、安定した収入を基準にしているので
パートは加算せずに、親の年齢と借入期間との調整を行い、
親子の収入合算額を計算しているようです。

収入合算のデメリットは?

収入合算制度を利用すると、
借入当初の融資してもらう金額を増やすことができる
というメリットはあります。

 

しかしながら、
共働きであった妻が、子育てで専業主婦になったりすると、
収入が減ることで返済に支障をきたすということもあります。

 

そういったことを考えると、借りすぎはやはり危険で、
できれば夫の収入だけで支障のないような資金計画によって
利用するのがよいと思われます。

 

【スポンサーリンク】