フラット35の収入合算の要件は?

フラット35の収入合算の条件とは?@

次の条件に該当する場合には、借主の月収を上限に
借主の必要月収の2分の1まで収入合算が受けられます。

 

■申込日現在の年齢が70歳未満であること
収入合算者の収入の50%を超えて合算する場合で、
収入合算者の年齢が申込本人の年齢を上回るときは、
申込時の収入合算者の年齢を基準にする返済期間が決められます。

フラット35の収入合算の条件とは?A

■申込本人の連帯債務者になること
公庫とフラット35の返済中、手続き中の人は除きます。

 

■申込本人の配偶者や父、母、子供などの直系親族、申込本人の
婚約者・内縁関係にあること

 

■収入証明書として納税証明書・住民税課税証明書等の書類を提出すること

収入合算のデメリットは?

収入合算制度を利用すると、
借入当初の融資してもらう金額を増やすことができる
というメリットはあるのですが、

 

共働きであった妻が
子育てで専業主婦になったりすると、

 

収入が減ることで
返済に支障をきたすということもあります。

 

そういったことを考えると、
借りすぎはやはり危険で、

 

できれば夫の収入だけで支障のないような資金計画
によって利用するのがよいと思われます。

 

【スポンサーリンク】