フラット35と財形住宅融資の組合せは?

フラット35と財形住宅融資の組合せについて

フラット35は、住宅金融支援機構の財形住宅融資と
組み合わせることができます。

 

これにより、それぞれのメリットを活かすことができるので
有利な資金調達が可能になります。

 

なお、フラット35と財形住宅融資の組合せの場合には、
リフォームには利用できませんので注意してください。

住宅金融支援機構の財形住宅融資とは?

住宅金融支援機構の財形住宅融資というのは、
財形貯蓄(一般・住宅・年金)を1年以上継続し、
申込日前2年以内に財形貯蓄の預け入れをし、
かつ、申込日における財形貯蓄残高が50万円以上ある人
が融資を受けられる制度です。

フラット35と財形住宅融資の組合せのメリットは?

次のようなメリットがあります。

 

■全期間固定金利のフラット35と、
当初5年固定の低利で利用できる反面、金利が上昇した場合には
不利益が生じてしまう財形住宅融資とを
組み合わせることで、両方のメリットが活かせます。

 

■必要資金の90%まで可能なフラット35と
80%まで可能な財形住宅融資を
組み合わせることで、100%融資が可能になります。

 

■保証料や融資手数料がかからなかったり、
財形住宅融資については抵当権設定が非課税であったりするので、
フラット35パッケージ※よりも諸経費が安くすみます。

 

※民間金融機関の住宅ローンとフラット35を組み合わせたものです。

 

ちなみに、申し込みの際には、
提出書類や手続きが通常とは異なりますので、
窓口で相談するようにしてください。

 

【スポンサーリンク】