物件検査の手順は?

物件検査の手順について@

フラット35の対象になる住宅というのは、
住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合していることが
条件になっています。

物件検査の手順についてA

検査機関や住宅金融支援機構住宅調査技術者※が
物件調査を行い、この技術基準に適合していると認められれば
適合証明書がされることになります。

 

※中古住宅の場合です。

新築一戸建ての物件検査の手順は?

物件検査は次のような手順で行われます。

 

■設計検査
申請された工事内容について、
立体図・平面図・仕様書などの設計図面によって、
技術記事に適合しているかどうかを検査します。

 

     ↓

 

■中間現場検査
申請された工事内容が技術基準に適合しているかどうかを、
屋根工事が終了した時点において、
現場で検査します。

 

     ↓

 

■竣工現場検査
申請された工事内容が技術基準に適合しているかどうかを、
全ての工事が終了した時点において、
現場で検査します。

 

     ↓

 

■適合証明書の発行

 

【スポンサーリンク】