購入時の不動産取得税とは?

不動産取得税とは?

不動産取得税というのは、
不動産を手に入れたときに一度だけ支払う税金のことです。

 

一戸建てやマンションなど、マイホームを取得すると、
所在地の都道府県から不動産取得税が課税されます。

 

具体的には、不動産を取得後数か月たつと、
納税通知書が送付されてきますので、
通知書に記載された期限までに金融機関から払い込みます。

不動産取得税の税額は?

不動産取得税の税額は、
次のように建物と土地それぞれについて、

 

固定資産税評価額(課税標準)に税率を掛けて算出します。

 

■建物(住宅)
⇒ 固定資産税評価額(課税標準)×3%

 

■土地(宅地)
⇒ 固定資産税評価額(課税標準)の1/2×3%

 

また、本来は税率が4%のところ、
平成21年3月31日までは、標準税率が3%になっています。

 

そして、建物には、最高1,200万円が
課税標準から控除される特例が設けられています。

 

ちなみに、
課税標準となる固定資産税評価額ですが、

 

土地については購入価格の7割程度といわれていて、
建物についてはもっと低い場合もあります。

 

なので、土地、建物ともに、控除の結果、
税金がかからない場合もあります。

 

【スポンサーリンク】