停止条件とは?

停止条件とは?

停止条件というのは、将来発生することが不確実な事実を
契約等の効力の発生要件とする場合の、
不確定な事実のことをいいます。

 

以下、具体例でみていきたいと思います。

具体的には?

たとえば、
「うまく入社できたらこの住宅を安く売買する」
というような契約をしたとします。

 

この場合は、入社することが停止条件になります。

 

ちなみに、このような契約のことを
「停止条件付売買契約」
といいます。

 

なお、入社できたことを条件の成就といい、
そのとき売買契約の効力が生じます。

解除条件付売買契約とは?

停止条件に対するものを解除条件と呼びます。

 

また、解除条件付売買契約では、
反対に、契約のとき売買の効力を生じ、

 

入社できなかったときは、
解除条件が成就し契約の効力が失われることになります。

 

なお、どちらの条件が付されても、
条件の成否未定の間は、
条件成就によって生ずる利益は保護されます。

 

【スポンサーリンク】

適合性の原則とは?

適合性の原則というのは、
証券会社や不動産特定共同事業者等が、有価証券の買付け等で、

 

顧客の次のようなものに照らして、不適当な勧誘を行い、
投資者の保護に欠ける、または欠けるおそれがある勧誘をしてはならない
というルールのことをいいます。

 

■知識
■経験
■財政の状態

テーマパークとは?

テーマパークというのは、単なる公園や遊園地ではなく、
おとぎの国や外国の街並み、
歴史的な街並み等をテーマ(主題)に、
観光客を呼び込むタイプのものをいいます。

 

【スポンサーリンク】