フラット35と民間住宅ローンの融資条件(対象の住宅・収入基準・使途等)は?

フラット35と民間住宅ローンの融資条件(融資の対象になる住宅)

フラット35と民間住宅ローンの融資条件(対象の住宅・収入基準・使途等)
を比較すると次のようになっています。

 

融資の対象になる住宅は、次のようになっています。

 

■フラット35
機構が定めた技術基準を満たした取得価格1億円までの住宅です。

 

■民間住宅ローン
建築基準法等に適合する住宅です。

収入基準は?

■フラット35
毎月の返済額の4倍以上の月収が必要です。

 

■民間住宅ローン
金融機関により異なります。

資金の使途は?

■フラット35
マイホームの新築や購入に利用できますが、リフォームには利用できません。

 

■民間住宅ローン
マイホームの新築や購入だけでなく、リフォームにも利用できます。

 

スポンサーリンク

床面積・敷地面積・物件検査は?

■フラット35
床面積は戸建ては70u以上、共同住宅は30u以上で、
敷地面積については条件はありません。

 

また、物件検査がありますがこれには費用がかかります。

 

■民間住宅ローン
床面積や敷地面積の条件はありません。

 

また、物件検査も不要です。

融資限度額・融資額は?

■フラット35
融資限度額は全国一律8,000万円で、
融資率は取得資金の90%までです。

 

■民間住宅ローン
融資限度額は最高1億円で、
融資率は必要資金の80%以上可能です。

融資期間は?

■フラット35
15年以上35年以内です。

 

■民間住宅ローン
35年以内です。

 

スポンサーリンク