フラット35と民間住宅ローンの融資条件(担保・保証・金利・手数料など)は?

フラット35と民間住宅ローンの融資条件(担保・保証人)

フラット35と民間住宅ローンの融資条件(担保・保証・金利・手数料など)
を比較すると次のようになっています。

 

■フラット35
機構を第1順位とする抵当権を設定します。このとき登録免許税は非課税です。

 

また、保証人や保証料は不要です。

 

■民間住宅ローン
原則として保証会社を第1順位とする抵当権設定します。

 

また、保証人は保証委任が条件で、
保証料は一括前払いか後払いです。

金利は?

■フラット35
金利は長期固定金利で各金融機関が毎月決定します。

 

■民間住宅ローン
金利は変動・固定金利選択型です。

手数料は?

■フラット35
融資手数料は金融機関によって異なりますが、
繰上返済手数料はかかりません。

 

■民間住宅ローン
繰上返済手数料は金融機関によって異なります。

 

スポンサーリンク

保険は?

■フラット35
団体信用生命保険への加入は任意ですが、加入する場合、
負担は毎年1回です。

 

火災保険への加入は一般の火災保険です。

 

■民間住宅ローン
団体信用生命保険への加入が条件です。

 

ただし、この際の費用はかかりません。

 

火災保険への加入は、
一般の火災保険か住宅融資専用の火災保険です。

 

スポンサーリンク