フラット35の金利とは?

フラット35の金利について

フラット35の融資実行金利というのは、
次の3つの金利の合計となっており、
それにより各金融機関ごとに適用する金利が異なることになっています。

 

■住宅金融支援機構が資産担保証券である債券を発行することによる
投資家への利息の支払い

 

■住宅金融支援機構が事業運営するための費用※

 

■民間金融機関の管理・回収にかかる費用等を含めた受取相当額

 

※経費や信用補完にかかる費用です。

適用金利は?

フラット35の適用金利は、
全期間長期固定金利なので
安心して借りられる金利といえるのですが、

 

申込時点の金利ではなく、
融資実行月の金利になりますので
利用の際は注意してください。

 

また、融資手数料を高くして、
金利を低く抑えているといったものもあるので、
金利だけで優劣を判定しにくいといった面もあります。

フラット35の返済期間は?

フラット35の返済期間は、
15年以上35年以内(60歳以上の人は10年以上)
となっています。

 

ただし、収入合算者の収入の5割を超えて合算される場合には、
申込人※と収入合算者の年齢が高い方の申込時の年齢になるので、
最長35年返済が利用できない場合もあります。

 

※親子リレー返済の場合は後継者です。

 

スポンサーリンク