フラット35の返済期間と問題点

フラット35の返済期間は?

フラット35の返済期間は、
15年以上35年以内(60歳以上の人は10年以上)となっています。

 

ただし、収入合算者の収入の5割を超えて合算される場合には、
申込人※と収入合算者の年齢が高い方の申込時の年齢になるため、
最長35年返済が利用できない場合もあるので注意が必要です。

 

※親子リレー返済の場合は後継者です。

財形住宅融資と民間住宅ローンの返済期間は?

財形住宅融資の返済期間は、10年(リフォームは1年)以上で、
構造等によって最長返済期間が異なる場合があります。

 

また、民間住宅ローンは、各金融機関ごとに
申込時の年齢制限と完済時の年齢制限が定められています。

親子リレーで返済期間の短縮防止とは?

フラット35と財形住宅融資では、
一定の条件を満たせば「親子リレー返済」を利用することで、
返済期間の短縮が防ぐことができます。

 

また、民間住宅ローンでも、
金融機関で定められれる「親子リレー」が利用可能であれば、
それを利用して返済期間の延長ができます。

 

ただし、親子リレーの場合は連帯債務者となりますので、
共有持分の決め方をはっきりしておくことが大切です。

 

スポンサーリンク

「親子リレー」を利用する際の注意点は?

■フラット35や財形住宅融資の場合
親子リレー返済の後継者の条件は、民間融資の条件よりも幅広いので、
「将来確実な収入が見込まれる人」

「将来同居予定の人」
なども利用できるのですが、

 

後継者が現在公庫融資を受けていないということが条件で、
もし融資を受けているのならば、
一括返済しなければならないので注意が必要です。

 

■民間融資の場合
こちらの場合は、
親子リレー制度があるかないかに左右される点に注意が必要になります。

 

また、後継者の条件が公的資金よりも厳しいので、
一定の収入がある人や同居の条件に注意が必要です。

 

スポンサーリンク