住宅金融支援機構の融資内容は?

住宅金融支援機構の融資内容について@

平成19年の制度改正では、
住宅金融公庫が廃止され
住宅金融支援機構に業務が移行したわけですが、

 

この住宅金融支援機構では
次のような支援内容が行われています。

住宅金融支援機構の融資内容についてA

■3大疾病病付機構団体信用生命保険
現行の団体信用生命保険の保証内容充実のため、
新たにがん、急性心筋梗塞、脳卒中といった
3大疾病も保障する商品が取り扱われています。

 

■融資率
平成19年4月の融資実行分から、
融資率が80%から90%に引き上げられています。

 

■優良住宅取得支援制度
次のいずれかの性能が優れた住宅を適合要件として、
当初5年間、適用融資金利が0.3%軽減されます。

 

・耐久性・可変性に優れた住宅
・免震住宅
・省エネルギー性に優れた住宅
・耐震性に優れた住宅
・バリアフリーに優れた住宅

 

■返済方法の変更の特例措置延長
勤務先の倒産等によって
返済が難しくなった一定の人に対して

 

返済方法を変更する特例措置について、
適用期限が平成19年度末まで延長されています。

 

スポンサーリンク