フラット35か民間住宅ローンか?

フラット35は?@

フラット35というのは、
平成19年3月に住宅金融公庫が廃止され、
その代替融資として誕生したものですが、

 

その内容は次のようなものであり、公庫融資よりも借りやすく、
安心して住宅取得ができるものとなっています。

フラット35は?A

■低金利の長期固定

 

■融資額は8,000万円を上限に融資率90%まで可能

 

■融資条件が全国一律

 

■住宅金融支援機構が定める技術基準に合格し、「「適合証明書」
を受領していることが融資の条件になっているので、良質な住宅が取得できる

 

フラット35については、現在は住宅金融支援機構と契約した
金融機関などの窓口で利用できる体制が整っています。

民間住宅ローンは?

民間住宅ローンの場合は、
金融機関が指定した保証会社の担保評価の範囲内ではありますが、

 

融資額は最高1億円までと大型ですし、
年収に占める年間返済額の割合も25〜40%となっているので、
従来の公庫融資よりも借りやすいともいえます。

 

とはいえ、フラット35と比較すると、
フラット35は低金利の最長35年の長期固定型なのに対し、

 

民間住宅ローンは
変動金利型か1〜10年の短期固定型からの選択になる場合が多いので、
長期の返済計画は立てにくくなっています。

フラット35か民間住宅ローンか?

上記より明らかなように、
まずはフラット35を資金計画の軸に考えて、
その資金不足分を民間住宅ローンに頼るというのが一般的です。

 

実際にも、この融資計画が最も多く見られるようです。

 

スポンサーリンク