フラット35と財形住宅融資の併用の融資条件(住宅・資格・金利)

フラット35と財形住宅融資の併用の融資条件(住宅)

フラット35と財形住宅融資を
併用した場合の融資条件は次のようになっています。

 

フラット35、財形住宅融資ともに、次の条件を満たした住宅です。

 

■建設費・購入価格が1億円以下の住宅であること

 

■住宅の面積が一戸建てについては70u〜280u、
マンションについては40u〜280uであること

 

■住宅金融支援機構が定める技術基準に適合する住宅であること

融資を受けられる人は?

フラット35、財形住宅融資ともに次の条件を満たした人です。

 

■申込本人が居住するための住宅の建設や購入で、70歳未満の人

 

■フラット35と財形住宅融資のそれぞれの毎月返済額の4倍以上の月収のある人

 

■年収に占めるすべての借入金の年間返済額の割合が次の基準を満たしている人

 

年収 300万円未満 300万円以上400万円未満 300万円以上 700万円以上
基準 25%以下 30%以下 35%以下 40%以下

融資金利は?

■フラット35
・全期間固定金利で、融資時点の金利が適用されます。
・金利については毎月各取扱金融機関で発表されます。
・融資額は必要資金の90%を限度に8,000万円までです。

 

■財形住宅融資
・5年固定金利で、申込時点の金利が適用されます。
・金利については全国一律で年4回発表されます。
・融資額は必要資金の80%を限度に4,000万円までです。

 

スポンサーリンク