フラット35と財形住宅融資の併用の融資条件(返済・担保・保険)

フラット35と財形住宅融資の併用の融資条件(返済方法)

フラット35と財形住宅融資を
併用した場合の融資条件は次のようになっています。

 

返済方法については、フラット35、財形住宅融資ともに、
元金均等か元利金等の選択で、
ボーナス払いは融資金額の40%以内です。

返済期間は?

■フラット35
・15年※以上35年以内です。
※申込人、連帯保証人が60歳以上の場合には10年です。

 

■財形住宅融資
・10年以上35年以内です。

担保は?

フラット35、財形住宅融資ともに 、
第1順位をフラット35、
第2順位を財形住宅融資にした
抵当権を設定する必要があります。

 

スポンサーリンク

融資手数料は?

■フラット35
・取扱金融機関によって異なりますがかかります。

 

■財形住宅融資
・不要です。

保険は?

フラット35、財形住宅融資ともに 、
火災保険は一般の火災保険に加入します。

 

また、団体信用生命保険については、
原則として機構団体信用生命保険契約制度に加入します。

 

スポンサーリンク