フラット35と民間融資の選択は?

フラット35と民間融資の選択について

フラット35を利用すべきか、
それとも銀行のローンを利用すべきかということですが、

 

住宅金融公庫がなくなった現在、
公庫融資よりもより利用しやすくなった
フラット35を軸にした資金計画を立てたいところです。

 

利用の前にそれぞれの特徴をよく理解した上で、
金融機関に相談するようにしましょう。

フラット35のメリットは?

フラット35には次のような優れたところがあります。

 

●融資条件は全国一律で、
長期固定金利、保証料がかからないなど、
借りやすく返しやすいローンです。

 

●対象になる住宅には、住宅金融支援機構が定めた
一定の技術水準への適合が求められるため、
物件の一定の品質と安全が確保されます。

 

●3大疾病保障付機構団体信用生命保険が用意されていたり、
返済に支障が生じる前に返済方法の変更ができる体制が備わっていたりと、
返済中も安心感が得られます。

民間融資の特徴は?

銀行などの民間融資の特徴は次のようなものですが、
自分の希望に合った内容の金融期間を選択することができます。

 

●低利な短期固定金利選択型や変動金利型など
様々なタイプが用意されていますが、
融資条件は金融機関によって異なります。

 

●建築基準法などに適合する建物であれば、
金融機関の判断で融資ができます。

 

スポンサーリンク