フラット35と民間融資の相違点は?

フラット35と民間融資の相違点について

フラット35と民間融資の相違点は
次のようなものです。

金利について

フラット35は
長期固定金利型を採用しているのに対して、

 

民間融資では
低金利の変動金利型や固定金利選択型を採用しています。

融資額について

フラット35の融資額は
所要資金の90%以内となっていますが、

 

民間融資ですと融資額は、
所要資金の100%まで可能な場合もあります。

 

スポンサーリンク

収入基準について

フラット35で融資が受けられるのは、
毎月返済額の4倍以上の月収がある人になりますが、
民間融資の場合は金融機関によって異なるので、
希望に合うところを探すことができます。

物件検査について

フラット35の場合は、
住宅金融支援機構が定めた
一定の技術基準を満たした住宅であることが条件になっているので
物件検査が必要です。

 

これに対して、民間融資の場合には、
建築基準法などに適合している住宅であること以外
特に検査などはありません。

 

スポンサーリンク