フラット35と民間融資の融資額・担保等の相違は?

フラット35と民間融資の融資額・担保等の相違について

フラット35と民間融資の物件検査、融資額、担保、保険、
手数料の相違点は、次のようになっています。

物件検査は?

■フラット35
・費用は利用者の負担で、適合証明機関による設計・現場検査が必要です。

 

■民間融資
・特に条件はありません。

融資額は?

■フラット35
・全国一律8,000万円で、融資率は購入金額の90%です。

 

■民間融資
・融資額は最高で1億円など、融資率は購入金額の100%のケースもあります。

担保・保証は?

■フラット35
・融資の対象になっている土地建物に、住宅金融支援機構を第1順位の抵当権者
とする設定登記をします。

 

・保証料は不要です。

 

■民間融資
・各金融機関の保証会社が融資物件に抵当権を設定します。

 

・保証料は、基本的には一括払いですが金利込みの後払いもあります。

 

スポンサーリンク

保険は?

■フラット35
・団体信用生命保険への加入は任意です。

 

・火災保険への加入が条件になっています。

 

■民間融資
・団体信用生命保険と火災保険ともに加入が条件になっています。

手数料は?

■フラット35
・融資手数料は金融機関によって異なります。

 

・繰上返済手数料はかかりません。

 

■民間融資
・融資手数料は金融機関によって異なります。

 

・繰上返済手数料は金融機関によって異なります。

 

スポンサーリンク