フラット35の仕組みは?

フラット35の仕組みについて@

民間金融機関の融資資金というのは、
主として定期預金などを原資にしているので、

 

どうしても長期固定金利型の住宅ローン商品を販売することは
難しいとされてきました。

フラット35の仕組みについてA

そのような中で、
民間金融機関を住宅金融支援機構が支援することで
これを可能にしたのが、フラット35です。

 

具体的には、次のように
住宅ローン債券を証券化するので、
フラット35を総称して証券化ローンと呼ぶこともあります。

フラット35の仕組みは?

フラット35は、次のような流れになっています。

 

@民間金融機関は貸し出した住宅ローン債券を
住宅金融支援機構に売却し資金調達を図ります。
     ↓
A住宅金融支援機構は、買い取った住宅ローン債券を証券化し、
それを投資家に販売します。
     ↓
B住宅金融支援機構は、その見返りに住宅ローンの返済者から受け取った返済金から
経費などを差し引いて投資家に配当します。

 

この仕組みによると、住宅ローンの債権者は、民間金融機関から住宅金融支援機構に
移行することになりますが、融資金利や返済期間が変更になることはありません。

 

また、返済の手続きも
引き続き借入れの申し込みを行った民間金融機関が
窓口になります。

 

スポンサーリンク