新築住宅の技術基準は?

新築住宅の技術基準について

新築住宅にフラット35を利用するための、
住宅金融支援機構の技術基準は次のようになっています。

 

以下、一戸建てとマンションの技術基準について、
具体的にみていきたいと思います。

一戸建て(連続立て、重ね建てを含む)の技術基準は?

■住宅の耐久性は?
・耐火構造、準耐火構造、耐久性基準に適合していること

 

■住宅の規模は?
・70u以上であること

 

■併用住宅の床面積は?
・併用住宅の住宅部分の床面積が全体の2分の1以上であること

 

■接道は?
・原則として一般の道に2m以上の接道であること

 

■住宅の規格は?
・原則として2以上の居住室※、炊事室、便所、浴室の設置であること
※家具等で仕切れる場合もOKです。

 

■断熱構造は?
・住宅の外壁、天井、屋根、床下などに所定の厚さ以上の断熱材を施工していること。
※昭和55年省エネ告示レベルです。

 

■戸建型式等は?
・木造住宅※の場合は、一戸建てか連続建てに限ります。
※耐火構造の住宅と準耐火構造住宅以外の住宅のことです。

 

■区画は?
・住宅相互間等を1時間準耐火構造等の界床・界壁で区画していること

 

■配管設備の点検は?
・点検口等の設置

 

スポンサーリンク

マンションの技術基準は?

■住宅の耐久性は?
・耐火構造、準耐火構造、耐久性基準に適合していること

 

■住宅の規模は?
・30u以上であること

 

■併用住宅の床面積は?
・併用住宅の住宅部分の床面積が全体の2分の1以上であること

 

■接道は?
・原則として一般の道に2m以上の接道であること

 

■住宅の規格は?
・原則として2以上の居住室※、炊事室、便所、浴室の設置であること
※家具等で仕切れる場合もOKです。

 

■断熱構造は?
・住宅の外壁、天井、屋根、床下などに所定の厚さ以上の断熱材を施工していること。
※昭和55年省エネ告示レベルです。

 

■戸建型式等は?
・木造住宅※の場合は、一戸建てか連続建てに限ります。
※耐火構造の住宅と準耐火構造住宅以外の住宅のことです。

 

■区画は?
・住宅相互間等を1時間準耐火構造等の界床・界壁で区画していること

 

■配管設備の点検は?
・共用配管を構造耐力上主要な壁の内部に設置しないこと

 

■床の遮音構造は?
・RC造の場合は、界床を厚さ15cm以上にすること

 

■管理規約は?
・管理規約に所定の事項が定められていること

 

■長期修繕計画は?
・計画期間が20年以上であること

 

スポンサーリンク