フラット35Sの技術基準とは?

フラット35Sの技術基準とは?@

フラット35Sの技術基準は、フラット35の技術基準に加えて、
次のいずれかに適合していることが必要です。

 

■耐震性
耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2か3の住宅であること。

 

また、免震構造の建物の場合は、
住宅性能表示制度評価方法基準1〜3
に適合するものが対象です。

フラット35Sの技術基準とは?A

■省エネルギー性
省エネルギー対策等級4の住宅であること。

 

■耐久性・可変性
劣化対策等級3、かつ維持管理対策等級2か3の住宅であること。

 

なお、マンション等の場合は、一定の更新対策が必要です。

 

■バリアフリー性
高齢者等配慮対策等級3、4、5の住宅であること。

フラット35Sの受付期間は?

フラット35Sの過去2007年度の受付は2回に分けて行われ、
第1回は4月23日〜7月31日、
第2回は10月1日からの受付開始です。

 

3,000億円の募集枠を大幅に超える場合は、
受付期間中に締め切られる場合があるので注意してください。

 

スポンサーリンク

デュエットとは?

デュエットは、
連帯債務者になっている夫婦が、2人で加入できるというものです。

 

デュエットに加入すると、
夫婦のどちらかが死亡したり、高度障害状態になったときに、
住宅の持分にかかわらず、
残りのローンが全額弁済されます。

 

ちなみに、デュエットの特約料は、
1人で加入する場合に比べて、およそ1.55倍になります。

 

夫婦共働きのように、
2人の収入でローンを返済している場合には、
どちらかが働けなくなったときが心配ですので、
利用する価値は高いと思われます。

 

スポンサーリンク