団体信用生命保険は?

団体信用生命保険について

団体信用生命保険というのは、
住宅ローンの利用者が死亡したり高度障害状態になったときに、
ローンの残りを全額保険金によって弁済するというものです。

 

住宅金融支援機構では、
「3大疾病付機構団信」「デュエット」によって、
この団体信用生命保険の充実が図られています。

3大疾病付機構団信とは?

3大疾病付機構団信は、
通常の死亡や高度障害状態に加えて、

 

3大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)
が原因で働けなくなるなど

 

一定の要件に該当した場合に、
残りのローンが全額弁済されるというものです。

 

ちなみに、3大疾病付機構団信の特約料は、
通常の団信のおよそ2倍になります。

デュエットとは?

デュエットは、
連帯債務者になっている夫婦が、2人で加入できるというものです。

 

デュエットに加入すると、
夫婦のどちらかが死亡したり高度障害状態になったときに、
住宅の持分にかかわらず、残りのローンが全額弁済されます。

 

ちなみに、デュエットの特約料は、
1人で加入する場合に比べておよそ1.55倍になります。

 

夫婦共働きのように、
2人の収入でローンを返済している場合には、
どちらかが働けなくなったときが心配ですので、
利用する価値は高いと思われます。

 

スポンサーリンク