契約書に印紙税とは?

印紙税とは何ですか?

住宅ローンの契約書はもちろん、
土地や建物を購入する際に交わす売買契約書には
印紙税がかかります。

 

この印紙税というのは、
契約書に収入印紙を貼り、消印することで納めます。

収入印紙の消印とは何ですか?

収入印紙の消印というのは、
収入印紙と契約書の境目に、印鑑やサインをすることです。

 

これは、収入印紙をはがして再利用したり、
転売などを防ぐ目的で行います。

 

ちなみに、
収入印紙が貼ってあっても、消印していなければ、
契約書は有効のものとはなりませんので注意が必要です。

 

なお、消印に使用する印鑑については
どちらか一方のものでもかまいません。

印紙税というのは契約書ごとにかかるのですか?

印紙税は契約書を交わすごとにかかるものですので、
もし住宅ローンを複数の金融機関から借り入れた場合には、
それぞれの契約書に印紙税がかかります。

 

また、通常契約書は2通作成し、
売主と買主がそれぞれ1通ずつ保管しますが、
それぞれの契約書に収入印紙が必要になります。

 

ただし、不動産会社と売買契約書を交わす場合には、
1通に収入印紙を貼り、
不動産会社はコピーを保管し、
買主は原本を保管するケースもあります。

 

スポンサーリンク