自然公園法とは?

自然公園法とは?

自然公園法というのは、
昭和32年に制定された法律で、

 

その目的は、自然の風景地を保護し、
国民の保健、休養および教化に資することにあります。

自然公園法の内容は?

自然公園法では、次のようなことが定められています。

 

■「国立公園」と「国定公園」は環境大臣が、「都道府県立自然公園」は
都道府県知事が、条例により指定する。

 

■環境大臣は国立公園、都道府県知事は国定公園の中に「特別地域」
「特別保護地区」「海中公園地区」を指定することができる。

 

■これらの地域・地区内で工作物を新築・改築・増改築等をする場合は、
原則として、環境大臣(国立公園内)や都道府県知事(国定公園内)の許可を受けなければならない。

 

■国立公園と国定公園内の「普通地区」で、一定規模以上の工作物を新築・改築・増改築等
をする場合は、原則として、環境大臣(国立公園内)や都道府県知事(国定公園内)
へ届け出なければならない。

 

■都道府県立自然公園内では、条例により、国立公園等と同様の規制を定めることができる。

 

なお、国立公園と国定公園内の区域の指定、および都道府県立自然公園に関する条例の内容
については、都道府県や市町村で確認できます。

 

スポンサーリンク