NAREIT(ナリート)とは?/取引態様の明示とは?

NAREIT(ナリート)とは?

NAREITというのは、
National Association of Real Estate Investment Trust の略です。

 

このNAREITは、全米不動産投資信託協会のことで、
一般的には「ナリート」と読みます。

NAREIT(ナリート)の役割は?

NAREIT(ナリート)は、
REIT(不動産投資信託)の情報を収集する役割等を担って
設立された団体です。

パース(透視図)とは?

パースというのは、建物の内観や外観を、
ある視点から見て立体的に描いた図のことをいいます。

 

パースは、青田売りのマンション等
未完成物件の広告によく用いられます。

 

スポンサーリンク

取引態様の明示とは?

宅建業者は、
宅地や建物の売買、交換、賃借に関する広告をするとき、
および注文を受けたときは、

 

次のいずれの立場であるかを明らかにしなければなりません。

 

■自己が契約の当事者となって売買や交換をさせる。
■代理人として、売買、交換、賃借をさせる。
■媒介して、売買、交換、賃借をさせる。

 

ちなみに、これを明示しなければならないのは、
取引態様のいかんによって、法律上の効果や報酬の額が異なるからです。

 

なお、取引の途中で取引態様が変わった場合も、
遅滞なく明示し直す必要があります。

取引態様の明示方法は?

取引態様の明示方法は、
口頭でも書面でも構いませんが、
紛争を防ぐためにも書面でするほうがよいと思われます。

 

スポンサーリンク