納戸とは?/不陸(ふろく)とは?

納戸とは?@

建築基準法では、
原則として、住宅の居室には、
採光、換気のための窓その他の開口部を設け、

 

その面積が居室の床面積に対して
一定割合※以上を確保しなければならない等とされています。

納戸とは?A

そして、この基準に適合せずに、居室と認められない部分が、
納戸等として建築確認を受けることになります。

 

※採光7分の1、換気20分の1です。

納戸の表示は?

不動産の表示に関する公正競争規約においては、
その部分を納戸、サービスルーム(納戸)等
と表示しなければならないとされています。

 

スポンサーリンク

不陸(ふろく)とは?

不陸(ふろく)というのは、水平でないこと、
また、面が水平でないことをいいます。

 

ちなみに、不陸は「ふりく」ともいいます。

面の凹凸ができると?

面に凹凸ができると、凹部には水が溜まって、
汚れが沈殿しやすくなります。

 

また、凸部は傷みやすく汚れやすいです。

床面の水平は?

床面の水平は十分確保されていなければなりません。

 

しかしながら、水を使用する場合、
水を流す必要のあるときの床面は、
水はけが確保されなければなりませんので、

 

適切な水勾配をとりながら、
しかも凹凸のない床面の仕上げでなければなりません。

部材の接合面の不陸は?

部材相互の接合面が不陸であると、
局部的に応力を集中して思わぬ破壊を生じることもあります。

 

スポンサーリンク