防火地域・準防火地域とは?/防水層とは?

防火地域・準防火地域とは?

防火地域・準防火地域というのは、
市街地における火災の危険を防除するために定める、
地域地区の一種のことをいいます。

 

ちなみに、防火地域・準防火地域区域内では、
建築物の規模に応じて、
十分な耐火性能を持った建築物でなければ、
建築できないことになっています。

個々の建築物の防火措置は?

個々の建築物の防火措置については、
建築基準法の単体規定によって、

 

その用途、規模等に応じて
耐火建築物にすべきこと等が定められています。

 

しかしながら、建築物が多数集積している市街地や、
重要な都市機能が集中している地区について、

 

市街地の防火上の安全性を広範囲に確保するためには、
この措置だけでは不十分です。

 

よって、防火地域・準防火地域は、
一定の区域全体について
集団的に防火措置を講じようとするものといえます。

防水層とは?

防水層というのは、防水のために、
様々な資材と工法が施されている層のことをいいます。

 

ちなみに、鉄筋コンクリート造建築物は、
コンクリート躯体、防水層、内外装仕上げなど
多くの種類の要素から構成されています。

防水層の種類は?

防水層の種類には、次のようなものがあります。

 

■シート防水層 
■アスファルト防水層 
■モルタル防水
■塗膜防水層 
■PC板シーリング防水 
■金属製防水...など

 

なお、それぞれメリット・デメリットがありますので、部位により使い分けられています。

 

スポンサーリンク